債権回収トラブル防止法

債権の回収が困難になる状態は100%防げるわけではありませんが、できることをしておくことにより、債権の回収が困難になってしまう確率は下げることが可能です。以下にいくつかの方法をご紹介しますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

まず、債権回収では支払いが行なわれなくなる状態を作り出さないようにすることが大切です。そのためには、支払い能力がない相手とは後払いになるような関係を作らないようにします。方法としては、たとえば個人であればお金を貸してほしいと頼んできた相手がしっかりと仕事をしていることや、お金に関してルーズな性格ではないという自分やまわりの人から見た印象が重要になってきます。一定の収入がありお金にだらしなくない人であれば、債権回収が困難な状態にはなりにくいと考えられます。規模を大きくすると、企業の場合にはとくに契約関係が長くなるような相手方は、事前に貸借対照表や代表者の確定申告書の写しなどをチェックすることにより、資産状況を把握することが可能です。

そのほか、契約を交わす際に、契約書の内容を工夫しましょう。契約継続中に支払いが行なわれないような場合に、即座に解約したり、残額の支払いを請求したりできることなどを記載しておくと、のちに債権回収を行なわなければいけなくなったときに活きてきます。

債権回収トラブル解決法

債権回収トラブルの相談を弁護士にし、回収を依頼することにより、債務者との交渉のほか、調停・裁判の手続きなどを依頼者の代わりに行なってくれます。弁護士費用はかかるものの、自力で解決を目指す手間が省け、債務者とやりとりを行なうことでの精神的な負担を軽くすることが可能です。

弁護士に依頼をすると、依頼者の代理で債務者に催促が行なわれます。弁護士が介入しただけで、債務者の態度が変化し、円滑に交渉が進むことも珍しくありません。また内容証明郵便を送付します。この内容証明郵便には期限内に支払いを行なわなければ法的処置をとることが書かれており、先述した交渉やこの書類の送付だけで、相手方にプレッシャーがかかって早く解決してしまうことも多いです。弁護士に依頼するメリットは、このようなところにもあります。

〔参照サイト〕
債権回収トラブル相談 ─ 弁護士法人アディーレ

また、法的知識がなくても弁護士が介入することで、たとえば債務者が任意の支払いに応じなければ、強制執行を裁判所に求めることが可能です。強制執行は差し押さえのことで、土地、建物、給料、預貯金、時計、宝石、債権などを差し押さえて債権を回収する手段のことです。債権を差し押さえるというのは、たとえば債務者が誰かにお金を貸している(貸金債権)、マンションやアパート、駐車場を経営している(賃料債権)といった場合に、債務者ではなく自分に支払いが行なわれるようにするのが債権の強制執行です。

債権回収トラブルとは?

売掛金、貸付金、請負代金、賃料などを回収することを、債権回収といいます。こうしたお金が支払われないトラブルは頻発しており、直接足を運んでも支払いに応じてくれない、話し合いにも応じてくれない、ひどい場合にはいっさい連絡をとることができなくなることもあり、その結果として債権回収が困難になるケースが多くあります。債権回収が困難になってしまう原因として考えられることは複数あります。

一つは債務者に支払い能力がなくなっていることが原因になっているケースです。支払いたいとは思っていても、お金が不足しているために支払いが行なえない状態です。もう一つは支払い能力があるにもかかわらず、わざと支払いを行なわないケースです。債権には時効があり、貸付金等は10年、家賃は5年、飲食費は1年などというように、債権の種類によって決まっています。ほうっておくと時効が成立することを知っていて、あえて支払いを行なわない悪質な人もいます。そのほか、ただの入金漏れのケースもあります。これはわかった段階で支払いが行なわれることが多いため、トラブルとしてはさほど深刻なものではありません。

いずれにしても、話し合いにすらまともに応じてくれないなど、自力での債権回収が困難な場合には、弁護士に相談することをおすすめします。当サイトでは、弁護士に相談し解決を目指す方法やメリット、未然に債権回収トラブルを防ぐ方法をご紹介します。興味のある方はぜひチェックしてください。