債権回収トラブルとは?

売掛金、貸付金、請負代金、賃料などを回収することを、債権回収といいます。こうしたお金が支払われないトラブルは頻発しており、直接足を運んでも支払いに応じてくれない、話し合いにも応じてくれない、ひどい場合にはいっさい連絡をとることができなくなることもあり、その結果として債権回収が困難になるケースが多くあります。債権回収が困難になってしまう原因として考えられることは複数あります。

一つは債務者に支払い能力がなくなっていることが原因になっているケースです。支払いたいとは思っていても、お金が不足しているために支払いが行なえない状態です。もう一つは支払い能力があるにもかかわらず、わざと支払いを行なわないケースです。債権には時効があり、貸付金等は10年、家賃は5年、飲食費は1年などというように、債権の種類によって決まっています。ほうっておくと時効が成立することを知っていて、あえて支払いを行なわない悪質な人もいます。そのほか、ただの入金漏れのケースもあります。これはわかった段階で支払いが行なわれることが多いため、トラブルとしてはさほど深刻なものではありません。

いずれにしても、話し合いにすらまともに応じてくれないなど、自力での債権回収が困難な場合には、弁護士に相談することをおすすめします。当サイトでは、弁護士に相談し解決を目指す方法やメリット、未然に債権回収トラブルを防ぐ方法をご紹介します。興味のある方はぜひチェックしてください。